« 六義園のスケッチ | トップページ | 湯楽の里 »

2012年10月 9日 (火)

山中教授ノーベル賞に

京大の山中教授が医学生理学部門でノーベル賞受賞が発表された。人のiPS細胞を僅か6年前に作成した業績が評価されたのだ!普通は20年前くらいの業績が評価されるのだから、このiPS細胞の作成が如何に高い評価かが判るだろう!しかもまだ50歳の若さなのだ!本当にめでたいことだし、凄いことだ! もし すずらん もまだ生きていたら、パーキンソン病の新治療薬が出来たのかもしれないのだ!まだまだ患者は沢山いる。是非新薬の製作を祈っている。ご本人が医学賞にもふさわしいと言われる成果を出したいと言っておられる。心強いことだ!
勿論他にも色んな難病に効く薬の開発が期待されているのだ!
日本再生のためにも貢献するだろう!
それに既にソニーなどはブルーレイを使って細胞分析器や川崎重工の培養装置などが出来ているのだ!
未来への希望なのだ!

« 六義園のスケッチ | トップページ | 湯楽の里 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ