« 魁展打ち上げ会 | トップページ | 曾孫満2歳になる »

2012年10月30日 (火)

平泉他バス旅行

10月29日社友クラブ主催のバス旅行に参加した。岩手県巌美渓、毛越寺(もうつうじ)、中尊寺を訪れて戻ってくるのだ!相当な強行軍であるが、強く進められて参加した。6時に6国の塙山バス停で日立電鉄の大型観光バスに乗り込んだ。北上して、最後に神峯公園南駐車場で乗り込み、参加32名が揃った。
私はトイレに行きやすいように前の方のTmさんと一緒に座った。これが最良だった、長いバス道中で実にいろいろのお話ができて楽しかった。
起きてから水は一滴も飲んでいない。常磐道の日立中央ICから乗り込んでから、持参の鯖寿司とお茶で朝ごはんを車中でいただいた。中郷SAでトイレ休憩で、トイレを使って一安心!以後チビチビとお茶を飲み、お話をしながら、1時間半おきぐらいにトイレ休憩を繰り返し、11時20分に最初の目的地巌美渓に到着した。
ここで昼食である。小型のすき焼き鍋、かけ蕎麦、ごはん、小物というかなりの料理だった。会費1万円に含まれているのだ!25分くらいで終わり、景色を見る。

Genbip2cuts紅葉は始まったばかりで、ところどころに紅葉が見える。昨日の雨で渓流はにごっている。
今朝バス亭に歩いて行く時に雨が止んでいて傘がいらなくて幸いだった。この頃には晴れてきた。
025 しかしガイドさんの説明にあった甌穴という大きな穴は見えなかった。
後で仲間に聞いたら下流側の岸部にまん丸い大きな穴のあり岩が露出していたらしい。昔々すずらんと一緒に来た時上野パノラマ写真の右上のお店からロープを使ってお団子をざるに入れて川越に運んでくれたのだが、今回は写真撮影に精一杯でそんな時間は無かった。
実はCANON一眼レフEOSX50の本格撮影の始まりなのだ!しかしデジカメ・クラブの方が10名ほどおられて、皆さんが似たようなカメラを使っておられて教えてもらったりした。隣席のTmさんもその仲間であり、少し前の一眼レフだったが、落として故障、修理などで、私のカメラに興味を持って、とても良いとほめてくれた!
見物時間20分ほどでバスに乗り込み、次の毛越寺(もうつうじ)、に向かった。30分くらい069
で到着、見学時間1時間!昔あった堂宇は焼けて大きな庭園とわずかなお堂が残っているのだ!

051








奥州藤原4代の栄華を物語る壮大な大伽藍は全て消失して、その後は芝生になっている。
またバスに乗り込み、最大の目的地中尊寺に到着した。昔は上りの参道が長くて閉口したものだ。すずらん は歩くのを諦めて駐車場で待って

いるとなった。覆い堂の改修をしていた記憶がある。今回は脇にバス道が出来ていて光堂の近くで降ろしてもらって、見物しながら長い参道を下

って、下の駐車場で待っているバスに帰ればよいのだ。1時間半の時刻が与えられ、そこで全員の集合写真も撮影された。
083先ず最大の目的、世界遺産にも指定された国宝金色堂を見学する。行列ができている。覆い堂もきちんと修復されていた。内部は撮影禁止である。
3体の仏様がそれぞれ6体の脇菩薩を伴って祀られている、金箔、螺鈿彫刻という豪華絢爛の正に光輝いていた。
中央の佛さんの後ろに藤原初代の清衡公のお骨が祀られている。左には二代基衡公のお骨、右側には三代秀衡公、四代泰衡公のお骨が祀られているのだ。
中尊寺本堂にお参りしたり、菊の花の展示をみたり、お能の邦楽堂をみたりして、見晴台に至った。一面に衣川平野が一望できる。源義経が泰衡公に攻められて亡くなったあ092


たりもこのあたりなのだ!
少し事情があって一五分ほど遅れて3時25分にバスは出発した。来た道を戻るのだが、4時半には日が沈み、くらやみになる。ガイドさんの説明も行きによく聞いたので、説明もない。適宜トイレ休憩をして東北道で工事渋滞で大分遅れたが、休憩を少なくしたりして、ほぼ予定

の8時半に神峯の駐車場に到着、塙山には9時すぎに到着した。歩いて9時半に無事帰宅134


した。ともかく往復820kmもバスに乗っていたの

だ。遅い夜食をいただき、風呂に入って床についた。1200円のバックもあり、安い旅だった。みやげを二つ買ってきた。
撮影の方は全部で150枚、537MBで1枚当たり3.5MBくらいだ。車内撮影でぼけたのが2枚ほどだが、後は先ず綺麗に撮れていた!

« 魁展打ち上げ会 | トップページ | 曾孫満2歳になる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ