« 山中教授ノーベル賞に | トップページ | 鶏肉の料理 »

2012年10月12日 (金)

湯楽の里

02010月12日は秋晴れの気持ちの良い日だった!


河原子北浜のがけの上に人工温泉が大分前から出来ていた。湯楽の里(ゆらのさと)というが、天然温泉ではないので、今まで行ったことが無かった。この夏の自治会活動を応援したというので無料入浴券を頂いていた。暑い夏には帰りに汗をかくのではつまらないとそのままになっていた。向かいのお婆さんと立ち話をしていて、皆さんよく出かけられるし、色んな温泉があって、気持ち良いとのことだった。今日は秋晴れの快晴である。よし!出かけようと決心した。10:05のバスで行こう!と思ったら10時は34分しか無いの
013だ!それで河小の校庭を通って歩いていった。靴箱に入れて鍵をとり、受付で番号入のバンドと紙切れをもらう。勿論着ている物を鍵箱に入れて浴室に向かう。始めジャグジー湯に入り、それから屋外の展望湯にはいる。太平洋が一面に広がる。水平線が丸く見える。錯覚だが遠くに陸地があるように見える。しばらく浸かりながら眺めていた。室内に戻って、体を洗う。それから牛乳湯?のような白いお湯に入ってから、また展望湯に出た。それから寝転び湯におう向けに寝る。特別な岩とかで遠赤外線が出てくるというのだ!15分くらい横になっていた。大体12時になったので、壺湯にも浸かって上がる。
それから着替えてレストランに行く。ここでも012


屋外の席を取った。平日の午前だから空いている。そして13:29のバスに合わせて帰宅した。

016

 

011_2

寝転び湯である。


« 山中教授ノーベル賞に | トップページ | 鶏肉の料理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ