« 迎え火 | トップページ | お盆のお供え »

2013年8月13日 (火)

8月のメモリアル・デイ

8月には記念すべき日が多い。嬉しい記念日なら良いが、逆に悲しい、苦い思い出のメモリアル・デイが多い。
先ず6日は広島原爆の日である。
また私にとっては亡き母の祥月命日である。昭和62年のこの日の5時頃に高知の病院で亡くなった。前の日に見舞いに帰省していて、日立に戻ろうとしていて、高知空港で弟からの電話で飛行機に乗るのをキャンセルして、病院に徹夜で留まっていた。最後を看取ったのは私と兄嫁の二人だった。
9日は長崎原爆の日である。電気工学科1年生だったが、原子爆弾らしい?と数日後に知った。いよいよだなあ!1億玉砕が叫ばれていた。
15日は終戦詔勅が放送されて、実質敗戦確定の日である。この時は今生の別れと在学中の東京から高知に向けて帰省の途中、食料補給のため大阪の知人宅でこの放送を聞いて、慌てて大阪駅に駆けつけ、やっとのことで、翌日に高知駅にたどり着いた。高知市の自宅は4日の空襲で焼け野原になっており、4時間歩いて山の家にたどり着いたものだった。
12日は28年前JALの午後6時発の大阪行ジャンボが御巣鷹の尾根に墜落した日である。私達夫婦は同時刻に飛び立ったJAL国際便のジャンボに載っていた。翌日カナダの新聞に小さくこの事故が載っていて坂本きゅちゃんが亡くなったと記載されていたが、まさかあんな事故とは10日後の帰国のJAL機の週刊誌で始めて知った。
良いことと言えばお盆休みで、海外旅行によく行ったものである。
最近は おとなしく すずらんの菩提を祭っている。娘達や息子達が来て呉れる!孫達はそれぞれ嫁の実家の方に帰省するようだ!日立の街の中では故郷という感じはしないだろう?とんぼやセミをとったり、小川で水遊びをした高知の山の家は故郷と言えるかなあ?

« 迎え火 | トップページ | お盆のお供え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ