« ボランチア | トップページ | 4年祭と連チャンのゴルフ »

2013年11月16日 (土)

藤原氏講演会

02214日夕方6時から改修なった日立市民会館で藤原正彦氏の「日本のこれから 日本人のこれから」と題する講演会があった。
少し開場から遅れただけでほぼ一杯だった。でも最前列に空席を一つ見つけた。声が小さいとよく聞こえないからだ!これは正解だった。マイクを手に持たないで話されたから遠くでは聞きにくかったろう?
勿論撮影、録音、録画はご遠慮だから、要詞をメモに取った。夕食028
前だからこれなら絶対に眠くならない。

印象に残った言葉;
日本、日本人は改革能力を失ってしまった。1万人のエリートを育てろ!戦前は旧制中学校、旧制高等学校というエリート養成コースがあったが、敗戦で米国から廃止させられた。欧米には勿論、ドイツにもある。
米国式の市場原理主義は間違っている。金持ちと貧乏人にわかれる。TTPも消費税増税も反対である。全新聞が賛成に回る。戦時中と同じだ!
中国との戦争?
戦争は国民が起こすのだ!そして新聞が賛成の大合唱。
消費税増税に賛成しておいて、新聞は公器だから免税しろ!と?
日本は数学王国であった。今は世界で3位!絶対ダントツでないと駄目だ!理数、国語の力で世界に序していけるのだ!火山地帯の小さな島国が生きてゆくためには初等教育が大事!
江戸時代、我が国は文明では欧米に遅れていたが、文化は遅れていなかった。日露戦争の勝利はアジア諸国(当時の植民地も)に大きな希望を与えた。
日本人は美的感覚が凄い!紅葉、虫の声、日本の農業は自然を守っているのだ!
武士道精神を保持しろ!大震災で発揮されたボランチア活動!震災の時でも略奪は無かった!日本人の遺伝子は生きている。
この国柄を失ってはならない!国柄、美しい情緒を守ってゆくべきだ!     以上

藤原氏は数学者、作家と紹介された。「国家の品格」 がベストセラー。「高い煙突のある町」の著者:新田次郎氏の次男である。日立市にもご縁がある。
7時半ぴったりに終わる。近くの天一さんに久しぶりに寄って「てんぷら定食」と熱燗一本で夕食。バスで多賀駅に出て、タクシーで帰宅した。

« ボランチア | トップページ | 4年祭と連チャンのゴルフ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ