« チャーチル会例会他 | トップページ | 確定申告 »

2014年1月30日 (木)

新万能細胞

昨夜のニュースから今朝の新聞で大きく取り上げられた新万能細胞{STAP細胞」は30歳の若手女性がユニット・リーダーとしてマウスの細胞に紅茶に浸漬するだけの刺激で出来あがるのだ!
勿論生きている細胞が素だから、完全な人工生物では無いが、やがて人の小さな一つの細胞から人間が生まれてくるに違いない。信じきれない発見である。
ノーベル賞を受賞された山中教授が「日本人が発見してくれた事を誇りに思う」とコメントされた。小保方晴子さんがその人である。
しかし生まれて1歳未満の若いマウスでないとうまくゆかないとのことだ。人間の細胞では?これからの問題だ!おそらく世界中で一斉に研究が始まるだろう!弱酸性液に浸漬するという刺激で変化するというのだから関係者には実験は容易なことだろう!
朝日ではその隣に昨年トヨタが生産1000万台を達成したと出ている。5分の1くらいの扱いだ!

« チャーチル会例会他 | トップページ | 確定申告 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ