« Win7(3) | トップページ | メールの設定 »

2014年2月26日 (水)

Win7の故障・解決

Win7の故障につきましては、皆さんに色々ご心配をお掛けしましたが、
2月22日午後東京の立川へ単身赴任中の息子が尋ねてきてくれました。
Win7のパソコンの話をして、状況を縷々説明したら、グラフィック・ボードのファンに問題があるのではないか?というのです。ボードにファンがあるの?側板をあけるとボードの下側にあるファンが回っていない!ことを発見しました。電源を停めて、ボードを取り外してくれました。
手で回すと回りますが、少しベアリングがおかしいのかなあ?
そこで直接DisPlayへの端子に繋いでみましたが、映像は出ません。
モーター交換だね!それはボード全体の交換になるので、諦めるよ!
一応ボードを元通り差し込みました。
電源をいれたら今度はボードのファンも回っている。
今度は30分置いてもDisplayは消えません。
電源設定はコンピュ-ターはバランス、Displayの電源切りは「なし」です。
息子の車でUSBで回すファンをK’sデンキに買いに行きましたが、季節外れで売っていません。
このファンは大きなシンクタンクに風を送って放熱ひれ?から放熱しています。全体のファンも関係しているので、大きな扇風機で吹き付ければ良いというわけでない。一応側板を外した状態で動いています。
それで改めてPhotoshopElement9を先ずInstall。次いでOffice2007(元々Installされていた)のDiscをいれてInstall、それからWindows Live Essential 2012をInstallしました。
まだmailの設定は未完です。
メールはXP機で送受信しています。
F1000004 20分で消えるのでなにか熱的な現象?と考えていたのですが、ボードにファンが着いているとは判りませんでした。息子は家電関係の工場関連ですが、私よりはパソコン本体にも詳しいようです。
しかし回転が少しおかしいと言っているので、そう長くは無さそうです。
以上のような次第です。グラフィック・ボードを外す方法も教わりました。
マザーボードのツメをあげてはずします。その前にパソコンの側板に固定しているネジ1個をはずします。
以上ご報告まで。
色々有難うございました。
今晩は一人ワインで乾杯しました。

写真はPCの側板を開けたところですが、中央に大きなfanがCPU用のもので、図で下側に排出ファンがある。問題のファンは枠内の右側に上下方向に配置されたのが問題のグラボードです。よく見ると右側に楕円状に見えるファンがある。最初これに気づかず苦労したのだ!
ところが翌日起動したら今度は問題のFanは回りません。
そこで停止して普通の家庭用の扇風機に送風ガイドを取り付けて、ボードのFanあたりに風が吹きつけるように扇風機の位置を調節しました。そして起動したら、大丈夫です。
体裁は悪いし、足元にも風が来るので少し寒いけれど、これで信号が止まるということが無くなった!
最長5時間つかっていても大丈夫です。この季節の室温ですから15度くらいでしょう?
真夏になれば、どうなるか?
まもなく新しいパソコンも到着する筈だから、大丈夫だが、このWin7は役にたつので、なんとか使用できるように残したい。グラヒック・ボードでもっと低性能のもので良いから交換できないか?検討している。

« Win7(3) | トップページ | メールの設定 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

無料ブログはココログ