« win7の復旧(1) | トップページ | Win7(3) »

2014年2月19日 (水)

Win7(2)

15日午後にパソコンの詳しいOtさんが見えた。
やはりWin7は起動するが、15分ほどでDisplayが暗くなる。
何か熱的要素かも?と蓋を開けて起動してみる。
cpuのファンと外気への排出ファンの二つはSave状態でも回転している。
他にファンは見つからない。
尚私が故障したと思ったHDDはOtさんの持参のハードで問題なく再現できて
必要なfolderを外付けHDDに保存できた。助かった。
じゃーあのカタカタという音はどこから出ていたのか?
Otさん持参のパーチション・アプリで起動してみた。Safty_Modeという状態である。

この状態でも15分くらいでsave状態になる。つまrWindowsのソフトには関係ないということだ!
16日に大丈夫という古いHDDに付け直して、起動してみた。
システムを修復しますということで、はじまったが、なかなか終わらない。このHDDの中のWin7は
おかしいのかもしれない。
17日朝 DEllのサポートに電話した。Tinさんがこちらの説明を聞いて、F12キーでDIH?を押せと言う。
それからsaveの件については「ビデオボードの問題かなあ?」とつぶやいた。
電話の子器の調子が悪いので、親器で電話していたので、午後に実施した。
Diskで起動とかあるが、それ以外の何とかを指定した。何かDevice Memoryのチェックがはじまった。
割に簡単に終わってこのシステムは問題ない。しかしremaing memory testを希望するか?それには30分くらい掛かるが推奨すると出た。
それでそのtestを始めた。Drive:Memoryと出て、Atestから始まって6段階目でDisplayがsave状態となる。
そこでもう一度Dellに電話する。話をしたら、その女性はWin7の再Installが必要だ!という。そして有償相談になるが、そちらに廻すか?いくら?5500円という。それで治る保障もなさそうだから、自分で再Installすると言って電話をきった。
それで新しいHDD(Otさんに初期化してもらっていた)にWin7のDiscで再Installを始めた。

« win7の復旧(1) | トップページ | Win7(3) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

無料ブログはココログ