« 日立風流物の読み方 | トップページ | 河原子中の桜 »

2014年4月10日 (木)

STAP細胞事件

今朝の新聞に大きく取り上げられたSTAP細胞事件の報道は昨日記者会見が報道されて直接テレビで眺めていた。
いくら不勉強、不注意、未熟と言ってもユニット・リーダーといえばそれなりの研究実績がある筈だし、院生の二人や三人くらいの助手くらいは付いているのではないか?
それが万能細胞が弱酸性液に浸すだけで作成出来るという画期的な方法なら、詳細なノートや写真も、そして特許申請もやっている筈だと思う。
当然 真実を証明する明確な証拠ノートに写真など表明するのかと思ったら、捏造や改竄に当たらないと反論するだけで、大部分は弁護士が説明するとはおかしなものだ!
記者が質問したら「200回もSTAP細胞を作成したと口頭で返事した。こんなに重要なことを口先だけでは誰も信用されない。それにしても沢山の連名の投稿記事を本人一人だけで、他の連名者も見ていなかったのか?撤回を申し出た山梨大学の?先生も事前には見ていなかったようだ?不思議なことだ!
折角の大発明が泡と消えるのか?それとも類似の方法で誰かが発見する糸口になるのか?
不思議な騒動である。
我が家の玄関に咲いている小さな花である。これも存在を主張している!

F1000045

« 日立風流物の読み方 | トップページ | 河原子中の桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ