« 映画を見て娘を迎え | トップページ | 地方文化 »

2014年7月 1日 (火)

ゴルフ仲間の死去など

第5月曜日の30日にGS会ゴルフが大みかコースで開かれた。参加は6名だったが、第200回に当たる。そこでお茶菓子を少し上等なものを持参した。スコアーは104と今一だった。プレイ後の懇談会で17,8年前に発足したのだ!発足当時の方は誰も残っていないが、亡くなった方々の思い出話を語り合った。そしてこのところ欠席のIzさんのこともどうなんだろう?
その夕方HSG会の連略人から「Izさんが今日亡くなられた」とのメールが届いた。私より1歳年上だが、満表示で89歳と記載されていた。ゴルフで長い長いお付き合いだった。良き競争相手だった。アプローチがとてもお上手で、この点はかなわなかった。でも飛距離では私の方が飛んだので、勝つこともあったが、良き先輩だった。HSG会でも役員として随分貢献していただいた。総務委員長を長らく務めてくれたが、辞められた後で、私が会長に就任したのだ。
葬儀は4日に執り行われる。
29日午後6時からの6chで世界遺産ということで「富岡市製糸場他」の解説をしていた。あの煉瓦作りの建物が中心であるが、荒船風穴や養蚕で新しい構造の建屋などが含まれているのだ!そして明治5年に製糸場は建設されたのだが、蚕の孵化の時期調節など1年中何時でも出来るようにして、世界に日本の絹糸を雄飛させたのだ!当時欧州の蚕は伝染病で壊滅にひんしていたので、フランス・リヨンの絹布産業は危機にひんしていた事情もあって、フランスが最高の技術を日本に教えてくれたことも富岡の発展に役立った。お蔭で日本は急速に近代化の資金を確保出来たのだ!製糸場だけしか注目していなかったが、付属の施設跡も重要な遺産なのを認識した。

F1000004

« 映画を見て娘を迎え | トップページ | 地方文化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ