« 送り火 | トップページ | 広島の山崩れ »

2014年8月19日 (火)

暑さぶり返り

今日も暑い!午後からはエアコンを入れた!
笹川陽平著「残心」を読了した。著者は笹川良平の三男である。笹川と言えば右翼のボス、ボート競技会のてら銭で寄付行為をしている。と思っていた。
医療関係のバスなどを見かける。
陽平氏も父の事業を継いでいるのだが、一番の事業は世界中から ハンセン病の制圧、更に撲滅運動であるのだ!
ハンセン病とも「らい病」とも言われて、日本では患者は瀬戸内海の小島に強制的に隔離されていた。業病とも言われていた。最近になってMDTと呼ばれる特効薬の出現によって平癒する病気になって、隔離する必要もなくなったが、世界では大分遅れていたのだ、笹川氏が主催する日本船舶振興会改め日本財団は世界の患者にMDTを無料で配布して、ハンセン病の制圧に貢献しているのだ!そのために世界各国を回り、その政府関係者に立ち上げを要請してまわっていたのだ。
制圧というのはⅠ万人あたり1人以下の患者数を達成することだが、一番人口も多いインドで成圧に成功した。ネパールなどの地理的に困難な国も達成できた。マルタ島では撲滅に成功した。未制圧国は2013年現在ブラジルだけである!オリンピックを開催する国が!?とおもわれるが、アマゾン河流域など政情の不安定もあって、ただいま努力中とのこと。それらの国を訪問してはハンセン病制圧に政府や関係機関と連略を取りながら、無料配布を続けておられる!
笹川良平について誤解していた。立派な方、本当の日本人であった。

« 送り火 | トップページ | 広島の山崩れ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ