« 社友クラブ総会 | トップページ | 米寿記念二人展を見る。 »

2014年10月 7日 (火)

ノーベル物理学賞日本人に

スウェーデンの王立科学アカデミーは7日、2014年のノーベル物理学賞を、省エネで長寿命の照明に使われる青色の発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇・名城大終身教授(85)、天野浩・名古屋大教授(54)、中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)の3人に授与すると発表した。Niftyで。
7時のニュースで大きく報道された。おめでたいことだ!
中村修二博士の勤務先との特許表彰金問題で裁判沙汰があってからもう何年か?あっという間に液晶テレビ、各種照明と実用化された。当然の受賞だが、日本人3名だけの受賞が猶更嬉しい。
赤崎勇・名城大終身教授の記者会見があったが、本当に学者肌の方で、会見内容も特別な事はなかったが、ともかく半導体研究に60年打ち込んでこられた熱意に尊敬を禁じ得ない。
赤色と緑色LEDは発明が容易だったから、対象にならなかった?一寸発明者には気の毒だ!赤色LEDは1962年GEのニック、ホロニアックに依って発明された。米国内で色んな賞を貰ったが、ノーベル賞は貰っていない。当時10年以内に白色LEDが出てくるだろう!と予測したそうだが、実際は30年ほどかかったわけである。
台風18号はかなりの被害をもたらしたが、日立は大したこともなかった。
御嶽山の行方不明者の捜索は再開されたが、台風19号が来るまでに見つかってほしいものだ!

« 社友クラブ総会 | トップページ | 米寿記念二人展を見る。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ