« 魁絵画展打ち上げ会と総会 | トップページ | リフォームなど »

2015年2月 2日 (月)

有景会

今日2月2日に有景会が天地閣で昼食を挟んで開催された。
まずOsさんが「私の体験した豪雨と水害(昭和28年6月)」と題して、珍しい実体験を話された! 北九州で25日から29日にかけて連日豪雨が続き、堤防決壊、洪水で死者759名、行方不明242名、負傷者2775名、建物関係も全壊から床下浸水まで被害総額2217億円(当時)という大災害の実体験を話された。ご本人は9死に1生という奇跡的に助かったのだ!当時私は東京に住んでいたが、全く記憶にない。下宿していた農家は軒下に和舟を吊り下げてあったので、それに乗せてもらって、助かった。恐らく先祖代々洪水の経験が伝えられていたのだろう!
昼食は麻婆豆腐とサラダ取り放題、コーヒーとお腹一杯だ!

午後からSnさんが「おくのほそ道」 松尾芭蕉 について長谷川 櫂 氏の図書を中心にお話された。
芭蕉は日本を代表する最大の詩人です。 俳句第2芸術論を唱えた桑原武雄氏も芭蕉の句を認めている。
ほそみちは文学作品であり、人生論である。東北大震災の受難者にも大きな示唆になるだろう!大垣で旅は終わっているが、その後伊勢、大阪で5年後亡くなった。
辞世の句「旅に病んで夢は枯野を駆け巡る」は大阪で読まれたとの説明だった。私は大垣で亡くなった最後の句と思っていたが、5年間推敲を重ねて「おくのほそ道」は完成したのだ!

« 魁絵画展打ち上げ会と総会 | トップページ | リフォームなど »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ