« 1Q84 | トップページ | 久しぶりのゴルフ »

2015年8月23日 (日)

マクベス

22日夕方6時から9時までシビック・センター野外劇場でオペラ「マクベス」が開催された。4時半開場ということで、Bブロック内は自由席だというので、早めに行った。Bの最前列に席を取った。マクベスはシェクスピアの4大悲劇の一つ、ヴェルディー作曲の有名なオペラである。全体の指揮者と主役のソロを歌うのはプロであるが、後はアマの合唱団、児童合唱団、日立交響楽団、吹奏楽団、舞踊団、劇団などこのマクベス出演のために練習に励んできたボランチアの人々である。更に会場係りの市民スタフや練習のピアニスト、合唱指導や伴奏ピアニストなど影の貢献者など総勢200人を超すであろう。前回の「アイイーダ」以来5年目の公演である。
前奏曲にはじまり、第1幕第1場<森の中)、第2場(マクベスの居城の一室)、第2幕第1場、第2場、第3場と進み、7時半から30分休憩、そして第3幕、第4幕第1場、第2場、第3場、第4場(高地と密林に囲まれた平地の戦場)と9時過ぎに終わる。舞台装置の変更は無し。大舞踊団が背景を務めて変化を着ける。
終わって出演者のお辞儀、観衆の大拍手だけでも20分は続いたであろう!
筋書きは省略する。事前にシェクスピアの文庫本を読んでいったが、アリアや合唱のイタリア語の要旨は左右の縦幕に日本語で提示されたので、意味は理解できた。
今回で5年ぶりに第4回である。過去にカルメン、ツーランドット、アイーダと上演している。ともかく上演には大変な準備と練習が必要である。私の知人4名もテナーとして出場していた。オペラグラスの持参を忘れたので、残念ながら、顔を好くは見れなかった!
ともかく一夜の一大イベントであった、帰宅は10時過ぎ、ビールを飲んで、入浴して休んだのは11時過ぎていた。

Mdscn0062

Mdscn0065

Mdscn0066

Mdscn0068

« 1Q84 | トップページ | 久しぶりのゴルフ »

文化・芸術」カテゴリの記事

無料ブログはココログ