« 晴天なれど風あり | トップページ | 南へ散歩 »

2016年2月27日 (土)

追い炊き給湯器工事

手前の家の風呂は深夜電力による90度の給湯器から供給されていた。その場合は1日風呂を置いておいても、90度のお湯を入れれば42度くらいには簡単に出来た。奥の家に息子夫婦が住む予定でリフォームをした時にエコキュートというのに交換した。そちらの風呂には追い炊きも出来るし、自動で適当にお湯が満たされるのでとても便利だが、1台しか使えない。
それでこちらの浴槽には60度のお湯しか供給されなくなった。従って一晩おいた風呂を適温にするのは不可能になった。また1回の入浴中でも終わりになると冷めてくるのだが、一旦お湯を止めると、直ぐには60度のお湯は出なくて、温度を上げるのが非常に難しくなった。それで最初に60度近くのお湯を43ないし44度くらいで、熱いのを我慢して最初入り、終わりに42度くらいになって丁度よくなるように、水を追加していたが、それもややこしい。それでプロパンガスで追い炊きが出来る瞬間湯沸かし器の追加工事を関和建設に依頼して、16日に実施した。

Mdscn0622

設置方向が違うので耐震金具が付けられないので、それは26日の夕方完了した。

Mdscn0623

ガスの工事は予定が立たないので仮置きで、18日に実施でお風呂は使えるようになった。そうしたら急に22日午後に本格工事を実施して、メーターも通ったところから分岐して奥の玄関の扉の上を綺麗に配管してくれた。
Pdscn0624
これでこの関係は終了したが、息子の方に割り当てた、手前の家の2階の和室のエアコンの冷却器をこの辺りに置かねばならないようだ。
湯沸かし器の前1mは物を置くと不都合だ!との業者の意見だ!

« 晴天なれど風あり | トップページ | 南へ散歩 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追い炊き給湯器工事:

« 晴天なれど風あり | トップページ | 南へ散歩 »

無料ブログはココログ