« ゆりパーク他(1) | トップページ | お盆の飾りとオリンピック »

2016年8月10日 (水)

医者の判定

今日ひたち医療センターで先日の診断結果を主治医のIh先生に伺うために息子夫婦と出かけた。少し待たされたが、先ず息子夫婦が呼び込まれて、医者の話を聞いている。患者の私は7分ぐらい経ってから呼び込まれた。何か重大な変化があったのか?と思ったが、
呼び込まれて話されたのは、現在飲んでいる痛み止めの薬をつづけましょう!ということだ。息子にどうして本人も一緒に呼ばれないのだろう?ときいたら、90歳以上の老人は家族に話をしてからとどこでもそういう事らしい?
まあ大したことは無かったのは良かったが、どうも認知症患者のように扱われるのには情けないと思った。また入院もあるかな?と一応自宅に準備したが、必要無かった。
嬉しいような、情けない感じである。

« ゆりパーク他(1) | トップページ | お盆の飾りとオリンピック »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ