« オフミ開催 | トップページ | 河原子の花火 »

2017年8月 1日 (火)

体力不足時の最悪事件

7月30日午前にちょっとした買い物にサンユーまで出かけた・予定の買い物では大した荷物にならない筈だ。ところが、お店に行くとレタスも余りなかったなあ!なすびもおいしそうだな!飲み物ぽ「ポカリスェット大小各1っ本、コカコーラ大1っ本、そてに格安のパンというわけで予定の倍くらいの買い物になった。やっとリュックとパン袋一つで帰路に就いた。なかなかリュックが背負えないので、親切なかたが助けてくれて、やっと背負えた。片道4分だから、最後は少し上り坂になるが、休み休み自宅に戻りついた。階段の手すりがスズランのために取り付けたものだが、16段ちゅう残り3段のみが手すりがついていない。一寸無理をすればできたのにそこでゆらっと体がかたむいた。とうぜん。右手のパンの袋を其処らに飛び散った。体のリュックの傾きは治せない。途中でどこかではずれておちた。からだがかたむくのを必死に西側のどうだんつつじの枝類を掴んでいた。それでもそのまま倒れた。しかし脳の後ろ左部の花崗岩の正面にたおれて。血がでた・。そこで息子に携帯で電話した。はじめからたのむか、重いと分かった時に依頼すれば良かったのだが。土曜日だったが、医療センターで内科医だったが、引き受けて呉れた。洗浄して、CTを撮影してくれた。或は土曜の午前の続きで外科医医がきてくれたのかもしれない、じっとしていると別段痛みは感じないが、食事をすると、大きな動きをするとインズマが走る。年よりの転倒は命取り!と自分で言いながら、自分で実行してしまった。こんなことを載せたくなかったが、話題もないので、載せることにした。

Wns_11

« オフミ開催 | トップページ | 河原子の花火 »

心と体」カテゴリの記事

無料ブログはココログ