学問・資格

2017年7月 7日 (金)

ホップ、ステップ・ジャンプ

タイトルは本の名前である。
副題に「専業主婦から日本語講師としてブラジル・ウルグアイ へ」とある。

著者は藤井美知子 で、ホップ社発行である。
実は3か月に1回開いている魁サロンのオフミで会員の一人である、著者のご主人から参加者に下さったものである。頂いた時にざーと読んだ筈であるが、次のオフミが近づいたので、お礼を言うためにもと読み直したものである。
専業、主婦だった著者が、40歳になって社会貢献にめざめ、12ヶ月分の講座を3ヶ月で猛勉して、日本語教育検定試験に合格された、そして水戸で在日外国人への日本語教育講座を始められた。数人の仲間とたちあげ、その代表になり、9年間頑張った。海外研修のチャンスを利用してヨーローッパ数か国を視察してまわった。更に在日外国人への日本語教育をする教師を養成する講師にもひっぱりだされた。
そして遂に2000年に、ブラジル!サンパウロ!へ主人と共に到着した。それから色々苦労したが、2年3ヶ月の滞在、日本語教師、主として子供向けの仕事を担当された。
帰国後はまた日本語講師養成の講師を引き受けることになったが、直接外国人に教えたいと又試験を受けて合格し、今度は単身で南米ウルガイ大学の日本語講師として向かった。時に2005年11月62歳の誕生日を迎えたところであった。、
色んな苦労や病気もあったが、2007年12月任務を終えて、日本に帰国した。
逆にウルガイからの留学生のお母様さん役で楽しんでいる。
人生を2倍楽しむ達人と新聞社から書かれるようになった。

2017年6月16日 (金)

佐倉訪問(1)

6月15日に茨城支部研修会で佐倉市を訪問した。
目的地は国立歴史民俗博物館、、旧堀田邸、桜順天堂記念館の3か所である。
私としては一泊旅行は無理だとしても、日帰りのバス旅行なら行けるだろうと考えたのだ!

朝5時に起きて、昨夜作っておいたお握りに海苔を巻き付けてあさげ、朝食を済ませた、洗濯物を室内に干して、6時5分に家をでた。多賀駅には30分には着いた。6:44発の上りで大甕駅に着き、大甕常銀前で観光バスに乗った。佐原は通り過ぎたことはあるが、訪れたことは無い。娘には佐野に行くと昨夜言ったが、佐倉の間違いだとメールした。
常磐道、筑波で圏央道、大栄JCTで東関東道路に入り、成田を経て佐倉に着いた、千葉市に近い。途中2回トイレ休憩があり、そこでトイレを使い、大小便を済ませて問題なかった。
博物館まで普通道を40分くらい走って到着した。9時半である。自由に舘内を見学して、11時45分に1階のれすとらんで弁当を頂きなさい。
しかし館内は第1から第6室に別れていて、第1室は古代だったが、保全作業のためこの部屋は見れなかった。お蔭で入場料は無料になった。
第2室から見学する。

Wdscn1834

Wdscn1841


2017年5月 1日 (月)

有景会

5月1日に有景会が何時もの天地閣のレストランで開催された。11時から私が「風力発電」とだいして、色んな資料からの寄せ集めで紹介した。第115回なのだ!3ヶ月に1回の割で講師が二人づつお話をするわけだ!一番の興味は風力発電のコスト比較で天然ガス発電と並んでいることだ!更に原子力が最高コストになっている。福島の影響か?廃炉費用をきちんと計算にいれると

こうなるのか?レスター・ブラウンによるデータだ!
日立は遅まきながらナセル側からローターに風があたる他者と逆の構造を採用している。九大の風力研究室が熱心でローターの外側につばを付けた風車を推奨して、レンズ風車と名ずけて既に中国の砂漠で灌漑運転を実施しえいる。
今回日立港の埠頭工場にナセル内部の補修する実物による講座を開設した。
午後はYbさんが日立と題する雑誌の内容紹介があった。経済雑誌の内容も面白い。
無料ブログはココログ